大分県竹田市、寮のある学校、女子サッカー部2018年始動 不登校、支援が必要な生徒、転編入生を受け入れる 全日制普通科の高等学校

学校案内

ホーム > 竹田南の特徴 > サポート体制 > いじめ防止対策

いじめ防止対策

竹田南高等学校「いじめ防止対策について」

制定:平成26年3月18日
「いじめ防止対策推進法」の趣旨・規定に則り、竹田南高等学校におけるいじめ防止対策の実効ある取組を、次のように定める。(法:いじめ防止対策推進法)

1. 「竹田南高等学校いじめ防止基本方針」(法第13条関係)

(1)学校の実情と方針の考え方

不登校の経験がある生徒、発達に特性のある生徒など、その能力、特性、背景等、実に多様な生徒を受け入れている本校にあっては、「どの生徒も人として尊重される」ことが教育の基本であり、いじめは絶対に許さないし、あってはならないことである。

(2)基本方針

[1]いじめを未然に防止するための意識啓発・研修を推進します

目的:いじめを「しない」「させない」「見逃さない、見過ごさない、ゆるさない」意識や態度を育成する
実施:講演会、生徒集会、弁論大会など

[2]いじめを早期に発見するための手立てを工夫し実践します

目的:いじめの兆候を見逃さずキャッチする
「書く」=連絡ノート、目安箱
「話す」=SHR・LHR
「聴く」=相談体制

[3]いじめにはスピード感を持って組織的に対応します

<5つのポイント>

スピードをもって
・偏見や思い込みを排し、事実に基づき公平・公正
・一人で抱え込まずに、組織
・学校の主体性は発揮しながら、関係者や機関等と連携・協力して
・いじめに係る情報を公開し透明性をもって

2. 「竹田南高等学校におけるいじめ防止対策のための組織」(法第22条関係)

基本方針で定めたことを実行に移すための組織である
実効性を高めるため、機能に着目して構成員を検討する
特定の職員が抱え込まず「いじめ問題に組織的に」対応する
校長のリーダーシップの下、司令塔となる組織を設け事に当る

組織図

・「未然に防止するための取組を進めるため」の組織

機能:教育・啓発、観察、情報収集

教務主任(総合調整)
人権主任、生徒指導主任(研修・啓発企画実施)
全職員(アンテナを持ち観察、情報収集)
・「いじめの克服、解決のために実効ある取組を検討し実施するため」の組織

機能:傾聴 調査 検討・協議 対策実施

教務主任(総合調整)
人権主任、生徒指導主任(対策検討・企画・実施)
当該学級担任・副担任・部活動顧問、養護教諭、舎監、寮母
(傾聴、調査)
・「校長がリーダーシップを発揮するため」の組織

機能:情報整理・検討 対策検討・企画・実施
事後検証・今後の取組検討

理事長(設置者)
校長(経営者)

いじめ防止委員会(中核職員…教務主任・人権主任・生徒指導主任)

・「全職員の共通理解のもとで、いじめ対策を推進するため」の組織
職員会議

お電話やメールでもお気軽にご連絡下さい

資料請求・お問い合わせはコチラ

  • 7つの習慣JR
  • 竹田南高校新聞
  • 進路実績
  • 各種活動
  • 進学情報
  • 適職診断

TOPへ戻る