7つの習慣J®

生徒の自信とやる気、生きる力を育てる。
本校では、子どもの「やる気」、「続ける」力を育む学生・生徒向けの教育プログラム「7つの習慣J®」を導入しています。
教科学習と合わせて学ぶことで、学力を伸ばしながら、子どもが自立して生きていく必要な力を育てます。
7つの習慣J®とは
アメリカのスティーブン・R・コヴィー博士が過去の成功者の実例を徹底検証した結果、周りから尊敬され、自分自身も満足のいく人生を生きた人々に共通する習慣を「7つの習慣®」としてまとめあげたベストセラー。
2013年11月に発売され約半年で65万部を突破したコミック版も好調。

完訳7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー著(キングベアー出版) / まんがでわかる7つの習慣(宝島社)
「7つの習慣®」および「7つの習慣J®」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。
7つの習慣J®人間教育の竹田南の新たな挑戦
1年生で実施:教育課程の『キャリア教育』という分野(週1時間 50分)に位置づけ
毎週授業⇒(その習慣は)学校教育全体で意識され、指導され、実践されます。
「フランクリン・コヴィー・ジャパン」の認定を受けたファシリテーターの本校職員が講師を務めます。
「7つの習慣J」ファシリテーター
竹永 勝先生
『7つの習慣J』では、日々の生活を充実したものにするために、必要なものを学ぶことができます。目標に向かってチャレンジする原動力は、自分の心の中にある”やる気”です。その”やる気”を上手に育てる方法が、7つの習慣です。自分を変えることができるのは自分自身です。自分が変われば未来の予想図も大きく変わります。よりよい未来を目指して自分の変化を楽しみ、かつ、学校生活も楽しみながら私たちと一緒に成長していきましょう。