理事長・学校長メッセージ

理事長メッセージ

学校法人稲葉学園
竹田南高等学校
理事長 狩生 浩司
よりよく生きるために学ぶ
竹田南は変わります。一人ひとりが「出来る」を伸ばし、「キミが笑顔になれる」学校に。一人ひとりの可能性を最大限に伸ばし、「実社会で生きて働く力を身につける」学校をめざします。一人前の大人になるためには、この時期、学業に意欲的に取り組むことです。学び方や学習のペースは、人それぞれでよいと思います。しかし、学校で学ぶことは社会とつながっていますから、少しの勉強だけで卒業できるということはありません。

勉強することの意味やどんな役に立つのかをわからなくても、「高校の時に一生けんめい勉強しておいてよかった」と思える日が必ず来ます。また、その勉強は、自分のためにだけするのであれば、学校で学ぶ必要はありません。学校では、人に教えたり、人から学んだりして切磋琢磨することに意味があります。人の中での学びが、安心できる社会を創ることにつながっていくと考えています。

本校は、個人に応じた指導を大事にし、きめの細かい教育が持ち味です。分からなければわかるまで教えます。一方的に枠にはめ込んでいく授業や活動から脱皮したいと思っています。タイプの違う人たちが、話し合い、共同の作業をしながらいろいろな考え方を身につけ、自分の頭で考え、行動できるようにする。人から学び、自分も伸ばしていく学習を進めます。

新型コロナウイルスによる危機によって、社会は変化するでしょう。これを機会に、学校の役割は何かを考えなければなりません。学校は、知識を身につけるだけでなく、人と出会いと学びがあり、社会で生きる知恵を身につける場でもあります。学ぶ楽しさも人の中で自分を伸ばしてこそ得られます。「空気よし、安全よし、人情よし」の竹田の地で人生の大事な仲間と出会い、知性を磨く勉強を始めませんか。

令和3(2021)年7月1日

学校長メッセージ

学校法人稲葉学園
竹田南高等学校
校長 小野 二生
今、私たちは、社会の大きな変動の中に毎日を過ごしています。AIやIOT、5Gなど急速な情報社会、誰でもが予測もできなかった新型コロナウイルスの感染拡大は、世界をはじめ日本全体の大きな問題となっている。

今年、開校104年目を迎える学校法人稲葉学園竹田南高等学校は、建学の精神「実社会で生きて、働く力の育成」に立ち返り、激動する社会に対応できる「学力」「社会力」「健康な体力」を生徒たちに身につけるべく教職員一同努力しているところであります。

豊肥地区(竹田市、豊後大野市)唯一の私学として、「生徒、保護者、地域の方々から信頼され、選ばれる学校」となるよう、様々な取り組みを行っています。

2018年度に、学校活性化の一つとして女子サッカー部の創設を行いました。今年で全学年が揃い、いよいよ全国に向けてその力を発揮していきます。

また、今年度から新たに進学クラス、探究クラス、実践クラスと、より目標を明確化し、生徒たちの能力・個性に応じた取り組みを行うこととしました。

・大学進学を目標とし、部活動と勉強の両立を目指す進学クラス
・学び直しを行うことで、大学進学など自分の目標を設定する探究クラス
・自立を目指し、社会に貢献できるように、資格取得を目指す実践クラス

 竹田南高等学校は、「自ら学び、自ら考え、自ら行動できる人材の育成」を目指し、大きく変わっていきます。

  言わずして  何もおこらず
  動かずして  先はみえず
  尽くさずして 愛は芽生えず
  心持たずして 道はひらけず

 竹田南高等学校は、人間教育を行い、「実社会で生きて、働く力」を育成していきます。何卒、皆様のご支援、ご協力を宜しくお願いいたします。