教育方針

人格形成を重んじた教育
竹田南高等学校では、人格形成を重んじた教育を行っています。
日々の学校生活の中で、礼儀やマナーなど、集団の中で生きる社会性を育んでいます。

教育理念

しあわせ幸福な人間をつくる

教育方針

正しい食習慣と生活習慣を身につけ、学習意欲や生活意欲の向上を図っていきます。
また、こころやからだの健康を大切にし、自立・自律した生活を目指します。

健康づくり

正しい食生活と生活習慣を身につけることにより、学習意欲や生活意欲の向上にもつながります。
心と体のサポートシステム
「健康相談」や「カウンセリング」を行い心や体の悩みの解消を図っています
●保健室(養護教諭が常駐)~生徒の健康管理
●臨床心理士によるカウンセリング(月1回)
●アドバイザー 平 雅夫 先生
(星槎大学共生学部 非常勤講師・発達障害者就労支援センター(ゆに)センター長)

個性を生かす

いろいろな表現活動や体験学習を通して、学ぶ楽しさを知り、学ぶ力をつけます。
また、自己の魅力を伸ばし、未来への可能性を引き出していきます。

調和のとれた人格づくり

学校生活、寮(下宿)生活、および 地域交流など、さまざまな人との出会いの場を通じて豊かな人間関係を築いていきます。
本校の教育は、学習する人のニーズを考え、自己の生き方に通じる学習活動の場を準備しています。
また、社会人としての資質を高めるため、礼儀とマナーを大切にしています。